家を建てるにあたっての重要ポイント!土地に関する基本知識や情報を紹介

当サイトでは家を建てるにあたっての重要ポイントとなる、土地に関する基本知識や情報をご紹介しています。
家づくりを検討しているのなら、あらかじめ押さえておきたい内容です。
またインターネットで家を建てる場所を探すときのポイントと注意点も解説しています。
便利で今の時代に欠かせないものとなっているネットを上手く活用するために役立つ可能性があります。
さらに確認必須といえる法規的な制限についても触れているサイトです。

家を建てるにあたっての重要ポイント!土地に関する基本知識や情報を紹介

これから家を建てようと考えている人もいるのではないでしょうか。
家を建てる際にも基本となる重要なポイントの1つは土地にあります。
家を建てる土地を探すときには、地盤や過去の使用状況などを確認しておきたいところです。
近年は自然災害が激しさを増していますので、地震や大雨などに対するリスクをハザードマップで確認しておきましょう。
それから以前はどのように使われてきたのかを知り、土壌汚染の心配があるかも調べたいものです。

住みやすい良い土地の条件は何がある?

家を購入しよう土地を探す時、そこの住みやすさはとても大切です。
住みやすい土地の条件としては、スーパーやコンビニなど買い物できる場所が近くにある事があげられます。
歩いて行ける所にあれば、ガソリン代も節約できて仕事帰りに寄れたり、買い忘れがあった時便利です。
買い物は生活していく上で必要なため、見に行った時しっかり確認したいポイントです。
最寄りの駅やバス停に近い事も大切です。
車通勤以外の人も沢山いると思います。
朝の時間は貴重なため、通勤手段が近くにあると助かります。
どんな交通機関が使用出来るか、土地から歩いてどれくらいかかるかチェックしましょう。
また、土地まわりの道の広さも気をつけたい所です。
あまりに狭すぎると車を置くのも大変ですし、道は歩行者や自転車なとも通るためある程度の余裕がないと不便です。
特に運転が苦手な人は重要なポイントです。
条件をしっかり考え優先順位をつけ探す事で、一生をそこで過ごせる素敵な場所が見つかると思います。

土地を決めるときに調べて確認しておくべきこと

住宅建築での土地選びは重要で、購入前に確認しておくべきことがたくさんあります。
価格や広さなどは多くの人が気にするところですが、調べておくべきことはそれだけではありません。
周辺環境も大切ですが、土地そのものに関する情報の中には、予定している住宅を建築できないことに繋がるものも含まれているので要注意です。
例えば、法律で用途が制限されている場合があります。
認められている目的以外に使用出来ないので、購入しても利用出来ない可能性が出てくる要素です。
また、建築できる住宅に制限がある場合もあります。
具体的には建蔽率や容積率という基準によって制限されています。
定められている建蔽率や容積率を超えている住宅を建築することは法律上認められていないので、売買契約書にサインをする前に確認しておかなければいけません。
他には電気やガスなどの生活インフラに関しても要チェックです。
土地によって状況に差があり、工事などにかかる費用に影響が出る部分なので調べておくことが大切です。

家を建てる際にその土地の歴史や過去を知ることの必要性

良い土地を選ぶことが、家づくりで成功するためには欠かせません。
そのために、その土地の過去や歴史を調べることも重要です。
たとえ見た目が綺麗で問題なく見えても、実はその昔は池や沼であったような場所もあります。
そもそも過去に沼地であった場所は、地盤が緩い可能性があるので水害や地震のときに不安です。
勿論、昔に水害に遭っている場所に家を建てることは避けたいものです。
埋め立ててしまうと昔の状態は調べなければ分かりません。
業者にもきちんと質問することが大切です。
そのほかにも、墓地の跡地や何か事件があったような場所も気持ち良くは住めないでしょう。
いわくつきの土地は比較的値段が安いことがあります。
ただ安いだけで飛びつかないようにして、あまりにも安値の場合はなぜそんなに安いのかをきちんと調べたいものです。
土地の歴史や詳細を知るには、ハザードマップのほか地方自治体が保管している水害記録をチェックするのがおすすめです。
地名に水害をイメージさせるような文字(「氵」さんずいの漢字など)が含まれている地も、しっかりと調べましょう。

土地は価格だけで決めてはいけない理由

注文住宅を建てたいという場合にはまずは土地探しから始めなければいけませんが、土地というはかなりの費用が必要です。
もちろん住み地域や場所などによって価格は大きく異なりますが、例えば宮崎県都城市で80坪程度の広さの土地を購入するとなると300万円から600万円ほどですがなかには、100万円以下で売られている場合があり「お得だ」とすぐに契約する方もおられます。
しかし、実際に家を建築してみると水はけがかなり悪くて雨の日にはまるでプールのような状態になってしまうというケースがあります。
ほかにも、田舎すぎて夜になると街灯がなく真っ暗で怖い、周りに民家がないので寂しくて何かあったときに怖い、というケースもよくある話です。
さらに、そこで以前自殺や事故などがあったという話も時折聞かれる話です。
ですから、安いとそれなりの理由がありますので価格だけで土地を選ばないようにすることも大切ですので注意して選ぶことが大切です。

土地に関する情報サイト
土地に関する基礎知識

当サイトでは家を建てるにあたっての重要ポイントとなる、土地に関する基本知識や情報をご紹介しています。家づくりを検討しているのなら、あらかじめ押さえておきたい内容です。またインターネットで家を建てる場所を探すときのポイントと注意点も解説しています。便利で今の時代に欠かせないものとなっているネットを上手く活用するために役立つ可能性があります。さらに確認必須といえる法規的な制限についても触れているサイトです。

Search